サイトマップ
キーワードimage01 キーワードimage01 キーワードimage01

勃たないと思った時から障害は進行している

女性とセックスするときに「勃たない!やばいどうしよう!」となったら、恥ずかしい思いをしてしまいます。

このような状態になると勃起不全になっている事が心配され、さらにセックスができなかったことが自分を苦しめていく状態がうまれてきます。

このような勃起不全とは別名、勃起障害やEDと呼ばれており、性行為を行うための、硬さや勃起状態が維持できないなどの状態を指します。

勃起は性的な刺激を受けると、脳が神経を通して陰茎に信号を送り、陰茎海綿体の動脈が広がり勃起が起こります。

しかし、勃起不全となるとこれらの運動が正常に働かなくなるのです。

症状、原因、治療はどのようなものがあるのでしょうか。

勃起不全とは完全に勃起をしない状態だけを指し示すわけではありません。

勃起をするための機能が低下することによって起こる症状で、勃起をするための時間が長時間かかってしまったり、セックスの途中で勃起状態を維持できなくなったり、十分な硬さにならないなどの症状があるのです。

これらの状態があることでセックスができないことで、さらに自分の勃起をしないことに自信がなくなっていくことも勃起不全の一つの症状と言えます。

勃起不全の原因は年齢であると以前は言われてきましたが、医学の進歩などによって年齢だけでなく、複合的な原因があり勃起不全を起こしてしまうことがわかりました。

加齢による勃起不全としては、動脈硬化など血流の流れが悪くなることによっておこります。

そのために、普段からの生活に気をつけて、飲酒、喫煙、食生活などを適切なものにする必要があるのです。

生活習慣病や糖尿などを発症すると勃起不全になる人もいます。

ただし、規則正しい生活をしている人は高齢になっても元気にセックスをしている人もいます。

もう一つの原因は精神的な問題です。

仕事や人間関係、または女性との関係性を上手く築けない人も勃起不全を起こしやすいと言われています。

そのために、幼少期などの出来事によるトラウマが原因となり勃起不全を起こす人もいます。

また、セックスが上手くいかなかった、もしくはセックス中に女性から厳しい言葉を掛けられたことによって、精神的に傷ついてしまい勃起不全になってしまう人もいるのです。

勃起不全になってしまうと男性は自信を失ってしまいます。

現在ではインターネットからバイアグラ 個人輸入などもあるので、それらの勃起治療薬などを利用して勃起不全を治していきましょう。

ホスホジエステラーゼ阻害薬とよばれている、シルデナフィル、バルデナフィル、タダラフィルなどが最も勃起不全の治療には使用されている薬で、60%から75%の勃起不全に有効であると言われています。

ただし、心理的なことが原因で勃起不全となってしまっている場合には、心理療法などを取り入れて治療をして行く必要も出てきてしまいます。

世界的に見ても性行為の回数や積極性が低い日本ですが、さらに勃起不全の人が増えていくことでますますそうした数値もさがってきます。

そのためにも、もしも勃起不全かもしれないと思った場合には、一人で悩まず、パートナー、もしくは医師などに相談しましょう。

加齢によるモノが原因なのか、それとも食生活によるモノなのか、また精神的な原因なのかを知ることで治療や予防方法などを考えて、より健やかなセックスをいくつになっても過ごせるようにして行きましょう。

▲PAGE TOP