サイトマップ
キーワードimage01 キーワードimage01 キーワードimage01

朝立ちの関係を大事にする

男性ならば経験をしたことがある朝立ちですが、この朝立ちとはまず何なのでしょうか。朝立ちとは正式名称を「夜間陰茎勃起現象」といいます。朝立ちをする理由は様々な説がありますが、実は勃起力のメンテナンスをすることであるというのが、現在では正しい説であると言われています。

勃起をするためには、性的刺激を受けて、脳がペニスに対して勃起をするように神経を伝って信号を送ります。そして、陰茎海綿体で血管が広がり血液が流れ出していくのですが、この勃起の状態を長時間行わないと、勃起しなくなってしまう危険性があるので、体が勃起を定期的に夜間でもしているというのです。動脈血を海綿体に送り、ペニスを運動させることで勃起力を維持しようとする体の反応を朝立ちと呼んでいるのです。

朝立ちと健康

年齢を重ねるにつれて朝立ちもしなくなってきてしまう人がいます。実はこれは健康になんらかの障害があるサインなのかもしれないと言われています。一つには、男性ホルモンの低下が上げられています。これは、勃起力にも必要であるテストレロンの分泌量が低下しており、勃起するために必要な一酸化窒素が増えにくくなってしまう原因の一つとなります。ペニスに陰茎海綿体から血液を流し込むには一酸化窒素が必要となるためにテストレロンが必要となるのです。

もう一つ健康状態で心配すべきなのは血管障害です。これまでの説明の通り、勃起するためには血液が必要となります。血管などに障害がある場合、特に動脈硬化などがある場合には、勃起は困難となってしまうのです。動脈硬化は放って置くと、心筋梗塞、脳卒中なども引き起こしてしまうので注意が必要なのです。

▲PAGE TOP