サイトマップ
キーワードimage01 キーワードimage01 キーワードimage01

勃起における複雑な要因がそこにある

勃起障害の原因

勃起障害の原因は多くの原因が複雑に絡んでいることもあります。大きく分けると、機能性の原因と器質性の原因があります。機能性の原因というのは一言で言ってしまうと心理的な原因によるモノです。

心理的な原因とは、不安、ストレス、緊張などによるモノです。特に30代から40代の男性に多く見られる原因で、社会でのストレス、人間関係の悩みなどによって引き起こされます。また、セックスが一度上手くいかなかったので、今回こそは上手くいかなければ行けないという緊張や不安などによって勃起障害を引き起こしてしまうのです。

一方で、器質性な原因は血管、神経の障害によるものです。現代人の生活習慣病である糖尿病、高血圧、動脈硬化、心不全などが非常に深く関係しており、脳からペニスへの正常な神経伝達システムと、血管拡張などのシステムに障害を起こしてしますのです。

勃起障害の診断

勃起障害の診断などは、上記のような原因がはっきりしないこと、多くが複雑に絡まっていることが有ります。そのために、診断では、身体所見やホルモン検査なども行われ、また心療内科などでテストが行われることがあります。一般的には診断に国際勃起能スコアIIEF5が用いられています。

勃起障害の治療と薬

もしも勃起障害となった場合には、治療薬が処方されます。保険適用外ではありますが、主な治療薬としてはバイアグラ、レビトラ、シアリスがあります。これらの治療薬の有効率は非常に高く70%から80%の患者に対して有効です。ただし、副作用が強く起こる場合もあります。

頭痛、発熱、顔のほてり、めまいなどがでてしまうことがあるので、用量などにも注意をしなければなりません。また、狭心症、高血圧などの薬との併用は非常に危険なので医師に必ず相談をしましょう。

▲PAGE TOP