サイトマップ
キーワードimage01 キーワードimage01 キーワードimage01

男性の自信を奪うインポテンツ

症状

インポテンツとなった場合、男性としては非常に自信がなくなってしまいます。ではどのような症状が起きた場合にインポテンツと呼ばれているのでしょうか。インポテンツの初期の段階ではセックスをするために必要なペニスの硬さが得られなかったり、セックス中に中折れしてしまうことが、時折みられます。重症になってしまうとこの症状が情事起こるようになってしまうのです。このような症状が見られ、満足なセックスができない場合にはインポテンツを疑った方が良いでしょう。

原因

インポテンツになる原因としては、2種類あります。1つは生まれてから勃起をしたことがない場合と、なにかをきっかけにインポテンツになった場合があります。生まれてから勃起をしたことがない場合には下垂体機能低下症などの病気であることが多く見られます。子どもの頃に発見されることもあり、しっかりとした治療が必要となります。

生まれてから勃起をしなくなった場合には、器質性の原因と機能性の原因があります。器質性の原因とは加齢や病気など神経や血管の障害によるモノが多く見られます。勃起をするためには、脳から神経を通して信号が送られ、血管が拡張し血液がペニスを大きくします。しかし、それが動脈硬化や糖尿病、またはなんらかの外傷により勃起をしなくなってしまうのです。

もう一つの機能性の原因とは心理的な原因によるものです。仕事や人間関係によるストレスによってインポテンツになってしまうのです。そして、カップルなどでセックスをするときに上手くできないことがあると、自信をなくしてしまいプレッシャーなどを感じてさらに重症化してしまうケースもあるのです。

治療

インポテンツになった場合には主に薬による治療が一般的です。バイアグラ、レビトラ、シアリスなどは日本で使用されている薬となり、70%から80%の人に有効な薬です。ただし、もしも原因が機能性にあり心理的な問題が深く関係している場合には、心理療法なども取り入れる必要があります。

▲PAGE TOP