サイトマップ
キーワードimage01 キーワードimage01 キーワードimage01

日本でも深刻化する性機能障害の悩み

勃起障害・早漏腟内射精障害

EDや早漏といった言葉は多くの人が耳にしたことのある言葉で有り、実はこれが性機能障害の一種なのです。この勃起障害と早漏、そして腟内射精障害は男性の障害であります。勃起障害とは、ペニスの硬さや持続力に問題があることを言います。原因は様々で、血管や神経などに障害がある場合、または精神的な問題がある場合などの原因があります。これらの治療するには、薬物による治療、外科的な治療、そしてカウンセリングなどの心理療法があります。

早漏は、性行為をするとすぐに射精してしまうことを言います。原因としては、心理的なものと過敏症というセックス時の刺激に対する原因があります。早漏の場合は、刺激を加えた後に射精するまでをコントロールするという感覚をトレーニングしていくか、重症の場合には心理療法や薬物治療などをして行かなければなりません。

腟内射精障害とは女性の膣内では射精ができない障害のことです。オナニーなどでは射精できますが、性行為となると射精できなくなってしまうのです。独自のオナニーの方法の習慣がついてしまい、性行為による射精ができなくなってしまっているのです。この場合も、女性器に近い用具を使い、射精をすることで治療にしていきます。

性交疼痛症・膣けいれん

女性の場合には主に2つ種類があるのが性機能障害です。一つ目は、性交疼痛症と言います。これは、性行為時に痛みを感じてしまう障害のことです。原因としては、外傷や加古のトラウマなどが原因で起こってしまうことがあります。外傷がある場合には、外科的な治療が必要となり、トラウマなどが原因の場合は心理用法を行う必要があります。

もう一つの、膣けいれんとは指などは挿入できてもペニスが挿入できないという障害です。これは挿入時に膣の入り口にけいれんがあり、挿入ができない状態です。挿入の仕方に対しての慣れなどもありますが、性行為に対する恐怖心などからくる原因が多く見られています。この膣けいれんの場合は、心理的治療などで通常のセックスが行えるようにしていきます。

▲PAGE TOP