サイトマップ
キーワードimage01 キーワードimage01 キーワードimage01

障害の根本的な理由を探る

血管や神経の障害

勃起とは性的な刺激があった場合に、脳から神経を伝って伝達され、そして、ペニスにある陰茎海綿体の動脈がひろがり勃起をします。その際に重要な働きをする、血管と神経に障害がある場合に勃起不全の原因となるのです。

この血管や神経の生涯は、50歳代の人に多く見られるもので特に病気などを起こしているときに勃起不全も起こすことが多くあります。その一つが血管が硬くなってしまう動脈硬化です。動脈硬化が起こることで血管が十分に広がらず、血液が正常に回らなくなります。また高血圧、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病の人には、動脈硬化が進行している場合もありますので注意が必要です。

神経の障害が心配されるのは、脳出血、脳腫瘍、脊髄の戦傷、アルツハイマーなどがあります。これらの病気を発症しているほかにも、何らかの理由での外傷や手術などが原因で神経がダメージを受けていることがあると陰茎海綿体まで神経を伝い信号が伝達されずに、血管が広がらずに、血液が流れなくなる原因となってしまうのです。

心因性の原因

身体的な外傷ともう一つは精神的な障害により勃起不全を引き起こす場合があります。こうした心因性が原因の勃起不全は30代から40代に非常に多く見られます。この一つの原因として、仕事などのストレスが非常にかかりやすい年代であり、また女性関係を含む人間関係のトラブルでストレスを抱えてしまうことが多くあるためです。

また人間関係で多く見られ、心因性の原因となるのが、女性からのそしてセックス時の失敗などによるプレッシャーです。例えば、妊娠活動中の夫婦がなかなか妊娠せず、セックスに対する意欲が減退し、それを女性から咎められたとしたら、それによって精神的なストレスにより勃起不全を起こすことがあるのです。

混合型

血管や神経などの障害と心因性のストレスなどによることが原因である場合の2つが掛け合わさって勃起不全を起こす場合もあります。特に50歳から60歳に多く見られます。高血圧、糖尿病などの生活習慣病を多く発症する人が増え、高齢になり、さらにと老後の心配など多くの原因に見舞われてしまうことが多く合わさっているのです。

▲PAGE TOP